打ち合わせ中の男性
パソコンを使用している女性

バックリンクとは外部サイトから自サイトに貼られたリンクのことで、被リンクとの別名もあります。”被”と言う言葉を冠していることから推測されるように、自サイトから発信するわけではなく、リンクを受けることを意味しています。

被リンクを数多く獲得することには、検索順位が上がりやすいという検索順位の上位表示につながりやすいとされてきました。そもそもリンクを張ってもらうという検索ユーザーには役立ったり共感できる内容であったため、広く検索ユーザーに拡散したいとの動機が根底にあると推認して間違い無いと評価することが出来ます。検索エンジン自体はコンテンツの内容に共感したり感動を抱くことは出来ないので、被リンクの数をサイト評価の重要な指標として利用する傾向が長らく続いてきました。そのためWEBサイト管理者などの間では、被リンクを受けることには検索順位の最適化(SEO効果)が高いと見る考えが定着したわけです。

ところがバックリンクのSEO効果が注目を集めるにつれ、リンク自体をあつめることを村税目的にした不自然でぺらぺらのコンテンツで構成されていたり、コピペコンテンツで構成されたリンクや相互リンクを目的にした無料登録型のリンク集などが横行し、検索順位上位には検索ユーザーにとって、低質の内容しか含まない不自然なサイトや、スパム相当のリンクで占拠される状態になったわけです。

検索エンジン大手のGoogleはスパムや低質なリンクが上位表示されることによる悪影響を懸念し、不自然なリンクに対してはペナルティを含む厳しい姿勢で臨むことを鮮明にしました。その嚆矢となったのがペンギンアップデートやパンダアップデートを代表とする検索アルゴリズムの更新にあります。

つまり従来は被リンクの数さえ獲得すれば、その内容如何にかかわらず検索順位上位を狙えたものの、アルゴリズムの大幅な更新後はスパムさどの悪影響を与えるリンクや、検索ユーザーにとって利用価値の希釈な低質なバックリンクについては、ペナルティを受ける可能性が現実的なリスクと認識されるようになりました。仮に手動ペナルティの適用を受けると検索順位が下位に転落するばかりか、最悪の場合検索エンジンからインデックス排除されるリスクも想定されます。従って今日のSEO対策においては、バックリンクの必要性は十分認識しつつも、低質な内容のサイトやスパムの挙動経験を持つ被リンクなどはペナルティのリスクもあることを念頭に置く必要があります。