打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • サーチコンソールによるバックリンクの確認方法について

サーチコンソールによるバックリンクの確認方法について

パソコンの画面

バックリンクの品質如何によっては、自サイトがガイドライン違反に相当する行為に加担したものと判断されて、手動ペナルティや検索アルゴリズムによる自動ペナルティの適用を受ける可能性があります。ペナルティの対象になると本来の検索順位より下位にページランクが付けられたり、最悪の場合インデックス排除のリスクも出てきます。

手動ペナルティに直面した場合は、ガイドライン違反の該当リンクを削除したりリンク否認したりすることで、差審査リクエストをGoogleに送信して解除を待つ必要があります。しかし手動ペナルティの差審査リクエストが承認されるとは限りませんし、承認されるにしてもどの程度の期間がかかるのかも不透明です。そこで定期的にバックリンクの内容を精査し品質が低かったり不自然なリンクが張られていないのかを調査し場合によってはサイトにアクセスするなどして、確認する必要が出てきます。そんなときに役に立つのが、Googleが無料で提供しているサーチコンソールになります。サーチコンソールを利用することで、すべてのバックリンクを表示することは出来ませんが、平均的にサンプリングして、解析結果をエクスポートしてくれるので、自サイトの被リンクの全体像を把握することは十分可能です。

サーチコンソールを使用してバックリンクの一覧をダウンロードする方法ですが、まずGoogleアカウントを取得してログインすることが前提です。Googleアカウントでログインし、検索トラフィックメニュー一覧から”サイトへのリンク”を選択。”最も多いリンク先”にある詳細をクリックすると、自サイトに向けて張られたバックリンクがドメイン別に一覧形式で表示されているはずです。
”その他のサンプルリンクの一覧をダウンロードする”を選択すると、解析されたURL一覧がエクスポートされるので、CSV形式でダウンロードすることが出来ます。ダウンロードしたバックリンクを調査して問題点を明らかにするには、地道に一つひとつを調査するほかありません。調査をする過程で不自然なバックリンクや低品質のコンテンツが多いバックリンクの存在を確認できた場合には、リンク先に削除依頼をまず試みます。それでもリンク先が応じてくれない場合や連絡が付かない場合には、サーチコンソールにログインしてリンク否認を行うことで対処します。手動ペナルティを受けていれば否認後に再審査リクエストをGoogleに送信する必要があるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧