打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • タイトルやディスクリプションの最適化について

タイトルやディスクリプションの最適化について

WEBサイトの取り扱うジャンルに応じて、キーワードの選定には頭を悩ますものと思います。自サイトのドメインパワーなどに応じてどの程度の検索ボリュームを持つキーワードを選定するのか、競合他サイトの検索順位状況やページランクはどうか等を、各種のツールなどを用いていくつかの候補案のなかから選定したら次の問題は、検索エンジンを参照したユーザーにとって、あまたある競合サイトのなかから自サイトを選んでももらえるようにアピールすることが重要になってきます。いくら検索結果の最適化に成功してもクリック率をたかめなければ、自サイトへのトラフィックの流入は見込めることができず、具体的コンバージョンにもつなげるのは難しくなるはずです。そこで直接検索エンジンにおいて、検索ユーザーのクリック率に影響を与えるのが、タイトルの選定とディスクリプションになります。

ディスクリプションとは、ページコンテンツの概要や内容の要約をHTMLに記述してテキストのことです。他にもスニペットやメタ・ディスクリプションなどの呼び名を持っています。検索ユーザーにとっては、Google検索結果に引用して表示されることで目に触れる機会が多いので具体性のある説明文を記述することでクリック率が上昇しトラフィック数の増加などにつながります。クリック率が上昇すれば結果的に収益の上昇なども期待できます。

ディスクリプションは言わばWEBサイトの表看板に相当する役割を期待出来るので、タイトルや具体性を持たせるように心がけることが大事です。ディスクリプションの設定でポイントになるのは思わずクリックしたくなるような説明文であること。もっとも手動でディスクリプションを設定しなくても、Googleがページ内のコンテンツがから抜粋して表示してくれますが、簡素な説明に止まるためクリック率の上昇につながるような魅力的なテキストを臨むのは事実上困難です。そこで手動でディスクリプションを作成するわけですが、文字数は70字以内を心がけるのが評価につながります。PCでは120文字まで表示できますが、スマホなどのモバイルで省略できない文字数は最大70文字程度です。

モバイルユーザーからも評価を得るには、簡素な説明でありながらもページの要約を記述することが重要です。タイトルにはキーワードを入れて、少ない文字数と説明文を参照することで、思わずクリックしたくなるようなディスクリプションを考案することを目指しましょう。