打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • バックリンクの数と検索順位の関係について

バックリンクの数と検索順位の関係について

パソコンを使う人

WEBサイトの運営を日々実践するなかにおいて、検索順位の最適化は管理者やWEBマスターにとっては常に念頭におくべき課題の一つです。SEOにおけるバックリンクの数は、検索ユーザーにとって有益なコンテンツを提供しているか否か、についての客観的指標を検索エンジンに提供します。

しかし検索エンジンは被リンクをクロールしても、検索キーワードであったり内部リンクなどを手がかりにコンテンツ内容を収集しページからページへの遷移を行っています。確かに検索アルゴリズムに従ってスコアをつける動作も行っていますが、コンテンツ内容について共感する機能は実装されていません。リンクを元に検索エンジンに情報を収集しインデックスする際には、検索エンジンの機能を逆手にとって、ガイドライン違反の行為なども駆使して、バックリンクを獲得するSEO対策が盛んに行われた時期があります。そのような状態を放置するのは、検索ユーザーにとっては価値の低いコンテンツばかりとなり、検索アルゴリズムの大幅な刷新を行ったという苦い経験があります。

そのため現在では、被リンクの数だけでなく質も重視してサイトの評価を判断するリンクポピュラリティの考え方がSEO対策の主流になっています。つまりリンクポピュラリティがサイトの評価の判断基準に採用することを前提にすると、バックリンクのクオリティが正面から問われることになるのはある意味当然の流れと言えます。例えばWEBサイトが取り扱うテーマやそれに関連するキーワードの内容や密集度についても重要な問題になります。一見テーマに沿ったテキストコンテンツに見えても、随所に関連性の低いキーワードが高い密集度で振られているようなテキストは、不自然で検索ユーザーにとって利用価値が低いので低く評価されることになります。

またコンテンツ内容が他サイトと同一であったり、わずかにリライトしただけで実質コピペコンテンツで構成された被リンクなども、検索ユーザーに新たな意義のある価値を提供しないものと判断されるでしょう。従って実質的にあちこちのサイトページを転載しただけの同一のコピペコンテンツで構成された被リンクも、やはり低い評価に甘んじることになります。

Googleを初めとした検索エンジンは、検索ユーザーに有益な情報に接することにつながる体験を経験してもらえることを重視しています。従って被リンクの品質によってはバックリンクが多いにもかかわらずペナルティをうけるリスクがあるわけです。