打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • ブラックハットSEOの危険性について解説

ブラックハットSEOの危険性について解説

スマホを使っている女性

検索エンジンの上位表示を目的に、コンテンツのクオリティをあげたり更新頻度をあげたり、良質なバックリンクを獲得することは、なんら問題のないSEO対策です。しかしGoogleガイドラインに違反した方法で検索順位を上げる手法をブラックハットSEOと呼びます。ブラックハットSEOとは検索順位をあげるためやトラフィックの流入を増加さえることを目的に、裏技的手法を駆使してSEO効果をもくろむ方法です。いずれの方法もGoogleガイドラインに違反する行為で、最悪の場合手動ペネルティの対照になりインデックス排除のリスクすら孕む非常にリスクの高い行為です。いずれもユーザーにとっての利用価値が貧困で検索ユーザーの意に沿わない内容ばかりになるので、長期的に見れば自サイトへの信頼を失墜させる危険性を秘めています。知らぬうちにブラッックハットSEOに手を染めることがないように、代表的な手法を御紹介しましょう。

ワードサラダは自動作成ツールでキーワードを使用して、テキストを作成するものです。ワードサラダは、単にキーワードをちりばめただけで自動作成されたテキストなので、ユーザーにとっては意味をなさない内容の不明な文章になっています。昔の検索エンジンのアルゴリズムでは意味不明の文章を認識する機能が脆弱だったので一時期、ブラックハットSEOとして流行した時期もありました。

クローキングは検索ユーザーと検索エンジンのクローラーとで、違ったページを読み取らせるという手法です。ユーザーの意に沿わない異なるページに遷移させる事象を引き起こします。クローキングでは、検索エンジンにはキーワードを沢山含んだテキストを参照させるようにしています。ユーザーとクローラーを異なるHTMLに振り分けるには、IPアドレスやユーザーエージェントの情報を利用するようです。

品質が高く検索順位が上位のサイトページを、コピペするコピーコンテンツも代表的なブラックハットSEOの一つです。現行のガイドラインにそったSEOにおいては、良質なコンテンツの数をそろえることです。確かに検索順位上位に表示されるサイトページを借用すれば、検索エンジンからの高い評価を獲得すると考えれば、コピーコンテンツは非常に魅力的に見えます。しかしいくら優れたテキストでも独自性のないコンテンツは、やはりガイドライン違反のブラックハットSEOの一つです。検索アルゴリズムでもコピーコンテンツは認識されるので、厳に控えるべきSEO手法です。