打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • レスポンシブデザインが上位表示されやすい理由

レスポンシブデザインが上位表示されやすい理由

スマホなどの携帯端末でのインターネット検索でのトラフィックが急増していることを受けて、検索エンジン大手のGoogleのアルゴリズムでも一部変更の動きが活発になっています。スマホなどのモバイル端末に関連する動向で注意を払うべきなのは、モバイルファーストインデックストなどのGoogleアップデートと、AcceleratedMobilePages(AMP)に見られるモバイルサイトの表示速度を早くする動向の2点です。いずれもモバイルフレンドリーさを追究しレスポンシブデザインを推奨する点で共通しており、検索結果の上位表示を狙うSEO対策においても意義のあるものです。最近SEO対策において注目を集めるレスポンシブデザインを巡る動向を御紹介してまいりましょう。

レスポンシブデザインとは、PCやスマートフォンなどの携帯端末などのデバイスの違いに関係なく、ストレスなく画像表示がされることです。スマホ利用者の急増に伴って、PC画面では問題なく表示されていたものが、スマホなどの携帯端末ではきれいに表示されない事象が見られるようになっています。画像がストレスフリーで表示されないと離脱率が高くなるので、SEO対策上も軽視できない問題です。この問題はGoogleでも問題視するに至っており、2015年4月にはモバイルフレンドリーアップデートを実施しモバイル対応済みのサイトページの検索順位を引き上げることを明らかにしているほどです。

ところで検索ユーザーの離脱率を上げる要因には、ページの表示速度の問題も無視できません。数秒程度の表示速度の違いで、直帰率は跳ね上がると推測されているほどです。表示速度を飛躍的に上げる取り組みに、GoogleとTwitterが共同してモバイルサイトのHTML表示速度をアップさせるためのAMP(AcceleratedMobilePages)を指摘することができます。

最近ではインターネット検索の利用者にしめるスマホ利用者の急増ぶりには、目を見張るものがあり検索エンジンのアルゴリズムにも変容を迫る動向が盛んになっています。そういった動向を反映して、Googleではモバイルファーストインデックスを実施しています。この検索アルゴリズムの更新で注意するべきなのは、従来のようにPCサイトでの評価が検索上位表示に反映される仕組みは一変し、モバイルサイトでの評価がメインで検索結果が表示されることになる点です。