打ち合わせ中の男性
  • ホーム
  • 301リダイレクトの仕組みについてわかりやすく説明!

301リダイレクトの仕組みについてわかりやすく説明!

サイトをクリックするアイコン

WEBサイトのドメインエイジも上がってきて、検索ユーザーのトラフィック数も増加してきた場合に、レンタルサーバーの要領や表示速度などが物足りないと感じるようになることもあると思います。
あるいは中々SEO対策を各種実践しても芳しい効果を実感できない場合は、中古ドメインでリスタートするという選択肢もあります。
中古ドメインについての説明は以下をご覧ください。

中古ドメインとは過去に運用されていたドメインのことですが、当店では「SEO対策に効果のあるドメイン」のことを言います。 人気レストランが入っていた跡地に新たに店舗をオープンしたら、話題になりやすいことと同じで、WEBにおける中古ドメインも検索エンジン最適化に効果を発揮します。

引用元:アクセス中古ドメイン | SEOに最適な中古ドメイン販売

その結果ドメイン名やURLが変わることになるので、そのまま手立てを講じないと従前の検索エンジンからの評価や獲得しているバックリンクなどの資産はすべて喪失することになってしまいます。
仮にそのような状況に遭遇すれば、コンテンツを更新しても検索エンジンにインデックスしてもらうのが困難になり、これまでのドメインパワーはすべて喪失してしまうことになります。

つまりドメインやURLが変更になる場合、これまでの検索エンジンの評価やバックリンクなどを引き継ぐ対策をとることが必要不可欠になるわけです。
この時に役立つのが301リダイレクトになります。
301リダイレクトとは、恒久的にページランクや被リンクなどを新たなURL先に転送するというものです。
類似したものに302リダイレクトというものがありますが、こちらは恒久的ではなく一時的にURLを変更して、バックリンクやページ総合評価などを転送するもので機能を異にするので区別されています。

301リダイレクトはページ単位で実行されますが、URLの正規化と統合を同時に行うのがポイントです。
仮にURLの正規化を伴わないと、検索エンジンは複数のページで同一のコンテンツが記載されていると認識することになります。
そうなると検索エンジンはどのページを巡回するべきなのか判断に迷い、2つ以上のページに評価が分散してしまい評価をあげることがあります。
仮に同一コンテンツが多数展開していると判断されると、サイトの総合評価が下るリスクも存在しています。
従って301リダイレクトはURLの正規化と統合でセットで実行するものと、念頭に置いておくのが賢明です。

301リダイレクトはサイト評価やバックリンクなどを引き継ぐことができる点で、サイト管理者にとって大きなメリットがあるだけではありません。
検索ユーザーにとっても、301リダイレクトで新しいサイトに遷移してもアドレスバーを参照するだけで、どこにジャンプしたのかを容易に理解することができます。
つまりWEBサイトにとっても検索ユーザーにとっても、301リダイレクトはメリットが大きいと評価できます。